UDC-Lab

2018.10.5

ドクトルDの「情報UD講座(?)」[序説:UDは誤解されている?]

ユニバーサルデザインの知見とコミュニケーションツール企画制作の技術を社会に役立てるべく開設された「UDコミュニケーションラボ」の一角。
若手研究員からのふとした問いかけから、ラボ長とは思えぬ、ぶっちゃけ話が始まる…。
「UDの推進者」も、かつてはUDを誤解し、拒否していた!
ステキなグラフィックデザイン」が好きで、UDに興味を持てない方にこそ読んでいただきたい、「講座」という名の「ゆる~い雑談」、なんとなくスタート。

登場人物

ドクトルD

「UDコミュニケーションラボ」主幹。高校時代に同人誌編集を始め、印刷工、版下職人、グラフィックデザイナー、コピーライター等を経験。暇な会社に勤めていた頃は、趣味でフリーペーパーを作っていたほどの編集ヲタク。実は「あえて読みにくくしたデザインや文章」も大好きだったが、「視力が大人」になりシニアユーザーの仲間入りを果たした。

こーざい

ドクトルDのもとでUDの勉強に励む研究員。わかりやすさの評価手法「ヒューリスティック」という単語そのものが気に入って、自宅で育てている観葉植物パキラとアイビーに「ヒューリ」「スティック」の名を与えて可愛がる。人にわかりやすく伝えることの難しさを日々感じている。某グルメサイトで安くておいしいお店を探して食べ歩くのが趣味。

こーざい

センセー!

ドクトルD

はい?(語尾上げ)

こーざい

センセーのお薦め本、読みましたー。

ドクトルD

あー、どーだった?

こーざい

これ、センセーが書いてるんじゃないですか!

ドクトルD

えっと、だから薦めたんだけど…

ってゆーか、何よ、その呼び方……

こーざい

だって、ゼミのセンセーが自分で書いた指定文献みたいじゃないですか。

ドクトルD

それっぽい本だから、それに合わせた文体で書いてるんだけど…

こーざい

何で、センセーがこんな“ちゃんとした本”に文章書いてんですか!

ドクトルD

長くなるけど、聴く?

こーざい

手短に、「UDな感じ」でお願いします。

ドクトルD

「頼まれたから。」以上。

こーざい

短過ぎ!

ドクトルD

冗談だって…

なぜ、専門書に執筆することに?

ドクトルDが執筆に携わった書籍、『増補版 人間工学とユニバーサルデザイン新潮流』(ユニバーサルデザイン研究会 編/日本工業出版)

ドクトルD

まず、この本『増補版 人間工学とユニバーサルデザイン新潮流』(ユニバーサルデザイン研究会 編)は、初版が2008年、さらに源流をたどれば2001年に発刊された、その名もずばり『ユニバーサルデザイン』にいきつく由緒ある書籍なのであ~る。

こーざい

開始早々にダイマ(ダイレクトマーケティング)ぶっこんできますか…。

ドクトルD

で、この研究会のまとめ役の山下和幸さんという方が凸版印刷のOBで、1990年代半ばにパッケージ分野でいち早くUDに取り組んだ大先輩なのね。

こーざい

それって、めちゃ早くないですか?

ドクトルD

先駆者ですよ。

ところで、2015年の春に印刷博物館のP&Pギャラリーで開催された『みんなにうれしいカタチ展~日本発ユニバーサルデザイン2015』って、覚えてる?

こーざい

校正でお手伝いさせてもらったやつですね!

2015年の春に印刷博物館のP&Pギャラリーで開催された『みんなにうれしいカタチ展~日本発ユニバーサルデザイン2015』

ドクトルD

あれ、僕も企画に関わってて、展示パネルの文章も全部担当したのね。

こーざい

そういえば、それ、前にも言ってましたね…。(自慢かっ!)

ドクトルD

で、山下さんにもその企画のアドバイザーになっていただいたのね。

そのときに、僕がまとめてたマニアックなUD年表も見ていただいて、その展覧会の趣旨や展示パネルの文章を認めてくださって…

こーざい

年表って、この本の巻末に10ページもあるやつですね。

ドクトルD

それでもかなり端折ったのよ。

こーざい

……。

ドクトルD

で、この本の改訂のタイミングで、「増補」にあたる一章分を書くことを薦めてくれたってわけ。

こーざい

それがこの「第11章 ユニバーサルデザイン温故知新~30年の歴史から次世代に向けて」ってやつですね。

ドクトルD

宣伝ありがと。

こーざい

そういえば、そんな膨大な年表って、展示に使われてました?

ドクトルD

ほんのちょっと…。

まあ、仕事にかこつけて、趣味に走っちゃった面は否めない。

こーざい

UDが趣味なんですか……。何でまた。

ドクトルD

趣味というか、ライフワーク?

こーざい

いや、だからどうしてライフワークになったんですか?

ドクトルD

長くなるけど聴きたい?

こーざい

「UDな感じ」でお願いします(話したいんでしょ?)

ドクトルDとUDとの出会い

ドクトルD

OK。

そもそもUDとの出会いは、最悪だったんじゃ。

こーざい

(急に博士言葉?)

ドクトルD

あれは2000年ごろだったかのぅ。

各所から印刷物のUDガイドライン的なものが出はじめてきたんじゃが、こう言ってはなんだが、それに従うと「それってダサくない?」ってなるようなもんじゃった。

こーざい

そ、そんなこと言っちゃっていいんですか…?

ドクトルD

大事なことだとは理解できるんじゃが、グラフィックデザインに関わる者としては、受け入れがたかった。

実際、当時「UDに配慮した」とアピールされた印刷物をみると

● 文字を大きくしたのはよいが、メリハリがなく、余白も少なくて読みにくい。
● 文字づめ、行間の空きを意識しすぎるあまり、ぱらついた感じで読みにくい。
● 色づかいでのNGを避けるためか、ほとんど無彩色になっていて取っ付きにくい。
● ゴシック体ばかりで、単調。文字が太すぎて画数の多い漢字が読みにくい。

ドクトルD

とか、なんだか本末転倒なものが、「これがUDです。」って感じで紹介されちゃったのね。

数値で「○○以上にすること」「こうなっていればUDです。」みたいな。

こーざい

(あれ?博士言葉、もうおしまい?)

ドクトルD

説明を聞いてても、「あー、そうなんですねー。」とか言いながら腹のなかでは(知ったこっちゃないよ)と思ってた。

こーざい

ひ、ひどい……。

ドクトルD

規準で縛られて、クリエイティブの幅を狭めるものにしか思えなかったんよ。

こーざい

あー、でも今もそう感じている人、結構いると思います。

ドクトルD

ほんとはそんなことないんだけどね。

それは、その後、ちゃんと勉強してみてやっとわかった。

こーざい

そんなに嫌ってたのに…勉強したきっかけってなんなんですか?

ドクトルD

私、会社員だよ?

業務命令に決まってんじゃん。

こーざい

み、ミモフタモナイ……

ドクトルD

それまではさ、「わしらが作ってるもののリスクってなんだろね?」

「紙の端で指切ると痛いよねー」とか、低レベルな冗談いってたんですよ。恥ずかしながら。

こーざい

……。

ドクトルD

でも、業務命令ですから真面目に考えましたよ。

で、「情報ツールにとっての最大のリスクは、誤読による不適切な行動である」っていう命題を立てた。

それから「そもそもUDとは」ってことで、調べ始めたら出会っちゃったんだよ。あの言葉に。

こーざい

何なんですか、あの言葉って。

ドクトルD

どーん!!!

ドクトルD

UD原則1「Equitable Use」/Guidelines「1d. Make the design appealing to all users.」。

要するに「魅力的でなければUDではない」ってこと。

こーざい

えー? 「UD7原則」に、そんなこと書いてましたっけ?

ドクトルD

あの7原則はね、「原則」ってとこしか紹介されていないことが多いんだけど、表現が抽象的だから、その下層の「ガイドライン」まで読まないと真意が伝わらないのよ。

ちなみに、UD7原則を検索すると1995年の初版がヒットしたりするけど、発行後の反省に基づいて改訂された1997年版を読まなきゃダメ。

こーざい

(うわ~典型的な「めんどくさい人」だ…)

「UD7原則」の原本。米国ノースカロライナ州立大学 ユニバーサルデザインセンターのWebサイトで、HTML版、テキスト版、ポスター版が公開されている。出典:NC State University, The Center for Universal Design

「市場性」がなければ、UDじゃない?!

ドクトルD

そもそも創始者のロナルド・メイスが70年代のバリアフリーを否定して提唱したのがUDなわけですよ。

こーざい

バリアフリーとUDって、ほとんど同意語として扱われてません?

ドクトルD

それが大間違いなのよ。

UDの究極の目標は、「バリアフリーを不要にする」ことなのに、いっしょくたになっちゃった。

 

もうひとつ大事なのが原則1の説明文「The design is useful and marketable to people with diverse abilities.」に「marketable」という言葉が明記されているということ。

ここ、いろんな訳し方されてるけど、晩年のメイス氏の発言を追ってくと「市場性がある」と解釈すべきだと思うんですよ。

こーざい

商品として訴求力があることが、UDの条件ということですね。

ドクトルD

そう。だから、「何かの規準をクリアしていればUDである」というものではない。

UDってのは、より高次の価値を生み出すこと。だからクリエイティブなんですよ。

僕が毛嫌いしてたのは、おためごかしな「似非バリアフリー」であって、真のUDではなかった。

こーざい

あー。(スイッチ入っちゃった…)

ドクトルD

もう、これは改宗ですよ。

改宗者は一転してエバンジェリストになっちゃう。

こーざい

(おおげさな……)

ドクトルD

そっからは、僕らがやっている仕事のなかで何ができるか、考え抜いて、調べ倒して、整理して…整理しきれずに100項目になっちゃったのが、うち独自の「E-UDチェックシート」。

E-UDチェックシート

こーざい

あれって、整理しきれなかっただけなんですか……

ドクトルD

いやいや、言葉の綾ですがな。実用性もたせるためには、具体的でなきゃあかんやん。

こーざい

(こんどは似非関西弁かいな)

センセー。そう言えば、いつの間にか博士言葉じゃなくなってましたね。

ドクトルD

おお、これはいかん。

そもそも博士言葉というものはじゃな、記号性というUD的な利点と、ステレオタイプ化というダイバーシティ的問題点という両面があって……

こーざい

センセー、わたし、お昼行ってきま~す。

ドクトルD

おーい。情報のUD化が如何に発行者側にもメリットがあって、クラフトマンシップも刺激するものかって話がまだ……

 

(次回に続く)