トッパンエディトリアルコミュニケーションズ

トッパンエディトリアルコミュニケーションズ株式会社

事業概要

たとえばこんなとき

新たな価値の創出と高いお客さま満足を目指して、これまでに私たちが実現してきた特徴的なソリューション事例をご紹介します。

CASE A
リ・ブランディングによる新たなソリューション提案が評価されたケース

A社より自社商品を軸とした競合他社との差別化施策の相談を受ける。

次へ

私たちは、従来の商品分野別カテゴライズに基づく提案ではなく、A社のコアコンピタンスである商品開発に着目。商品開発の意図、背景や生産者・ベンダーとの信頼関係を軸に全面的に商品をリ・ブランディング。柔らかなタッチのイラストを軸にしたクリエィテイブを前面に打ち出した、コミニケーションデザインを提案。

次へ

消費者、ご担当者の評価も高く、なお、かつA社内の関係者向けのインナーブランディングツールとしても最適という副次的評価を得た。これによりリニューアル版、全面リニューアル版の提案も依頼され、リ・ブランディングによるコミニュケーションデザインの代表的な成功事例となった。

CASE B
インナーブランディングにおけるコンテンツ開発力が評価されたケース

B社より、社員の教育・啓発を目的としたコミュニケーション誌の企画制作をご依頼いただく。

次へ

単発的な社内広報ツールではなく、継続的にインナーブランディングに資するツールというコンセプトで企画立案。店頭マーケティングにおける豊富な実績を持つ同社の社員が、自分たちの仕事へのロイヤルティを高め、意識向上を促すことを目指して、創刊テーマを開発した。編集制作においては私たちがコアとなり、多くの有識者のコーディネートやさまざまな角度からテーマに光を当てた編集記事の作成、ターゲットの興味を喚起するデザインなど、質量とも読み応えのあるコンテンツ開発を手がけた。

次へ

インナーブランディングツールとしての充実した内容が評価され、B社の取引先企業への配布も決まり、定期的な発行が期待されるツールとなった。

CASE C
企画力が評価されたケース

C社より、新規取引先(特に海外)に即時的な企業理解と信頼向上を促すツール作成をご依頼いただく。

次へ

私たちは、ビジネスシーンで即座に信頼され、選ばれるための営業ツールとして機能するよう、効果的なビジュアル表現で「瞬時に分かる」、部署ごとに「カスタマイズできる」、PR映像やWebと連動し「シナジーが上がる」というキーワードを軸に、機能性・有用性に特化した多言語版会社案内を提案。

次へ

同社の信頼を高め、ビジネスの成長・成功、サステナビリティに資する“使える”コミュニケーション・ツールとしてお客さま満足を実現。海外における新規ビジネスの受注にも貢献するなど、多方面で活用されるツールとなった。

CASE D
ネットワーク力が評価されたケース

D社より、それまでCSRレポーティング等の主要ツールを共に手掛けてきた実績から、ステークホルダー・エンゲージメントの企画・実施をご依頼いただく。

次へ

私たちは、D社の活動について、幅広い視点での課題と対応策の議論が必要と判断し、各界からの多面的な検証が行えるダイアログを企画。数多くのCSRレポート編集で培ったネットワークを活用し、限られたスケジュールの中で、最適な有識者の方々をコーディネートしてステークホルダー・ダイアログを開催。

次へ

積極的な環境・社会貢献活動の情報発信により、環境コミュニケーションに関するサイトランキングで上位につける評価を得た。